読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知工科大学でできる100のこと 高知工科大生のブログ

高知工科大学に入ってできること、やりたいことを片っ端から紹介します。

高知工科大学って?

高知工科大学って?どんなとこ?

f:id:tempa321:20170209105007j:image

高知工科大に入って明らかにおっさんなのに学生のように振る舞っている奴がいたらそれは私である。高知工科大学に入学が決まった人、これから受験を受ける人はまだ高知工科大学がどんな所かを知らないはずである。

 一言で言うと虫がいっぱいいる山の中である。虫が嫌いな人には少々酷だが、自然が豊かで静かで良い場所だ。虫はいっぱいいるが。

 

それはさておき、まだ工科大がどんな所なのか知らない人のために工科大の良さをアピールしようと思う。

山の上で静かに勉強に取り組める。

高知県香美市という所に立地しており、自然に囲まれている。朝は鳥がさえずり夜には虫の音が聞こえる。これだけでも都会からくる学生にとっては未知の経験になるはずだ。

・自然に囲まれており初夏には蛍が見える

虫の音といったが春から初夏にかけて川沿いに蛍を見ることが出来、もう都会の学生は涙が出るに違いない。カップルと見よう。その頃筆者(私)には彼女がおらず爆ぜてしまえ、と思っていたことは内緒である。

学校がきれい

何を隠そう皆がこれから入る高知工科大学は日本一きれいな大学に選ばれたことがある、と思っていたのだが...ウィキペディアでこんな文章を発見してしまったのだ。

 高知工科大は、アメリカ景観建造物協会優秀賞、公共建築賞優秀賞を受賞しており、大学当局は「日本一美しいキャンパス」を自称している。

*1

…《自称》なんということだ。私が入学してから教授に教えてもらった誇れることのひとつが客観評価ではなかったのだ。これを見て私はショックを受けたが読者の皆はショックを受けないでほしい。それほど綺麗な大学なのだ。

教授陣が凄い!

私が知っているだけでもマサチューセッツ工科大学やハーバードから来られた先生がわんさかいらっしゃる。ともかく、たくさんの偉人といっても過言ではない先生ばっかりなのである。こんな人たちの下で勉強できるなんて最高だね!とにかくすごい方ばかりなので気になる人は高知工科大学と調べてみてほしい。めんどくさい人はリンクを踏んでもいけるぞ。

カリキュラムがとっても自由

工科大の魅力の一つに完全選択履修制がある。この制度の魅力はなんといっても自由度だ。ひとつのクォータに授業を一つも取らなければ遊び放題なのである。と、いっても後で苦労するのでお勧めはしないが...。自由というくらいだから他の学部の授業も受けることが出来るの?って質問が飛んできそうだが、アンサー(答)としては、できる!だから学びたいものがたくさんあっても心配はいらないぞ。どれでも選べる。

高知を満喫できる

高知工科大学というくらいだからキャンパスは高知県にある。せっかく高知県で大学生活を過ごすのだからenjoyするべきだと、筆者は思う。

*1:ウィキペディアより引用